村川拓也

演出家・映像作家。ドキュメンタリーやフィールドワークの手法を用いた作品を、映像・演劇・美術など様々な分野で発表している。虚構と現実の境界に生まれる村川の作品は、表現の方法論を問い直すだけでなく、現実世界での生のリアリティとは何かを模索する。介護する/される関係を舞台上で再現する『ツァイトゲーバー』(2011〜)はシンガポール、ドイツなど国内外で上演を重ねている。近作に『インディペンデント リビング』(2017)、『ムーンライト』(2018)、『Pamilya(パミリヤ)』(2020)、『事件』(2021)、『仕事と働くことを演じる』シリーズ(2022〜)など。2016年に東アジア文化交流使(文化庁)として中国・上海/北京に滞在。2022年に第21回AAF戯曲賞にて、『事件』が特別賞を受賞。

Takuya Murakawa

Theatre director and filmmaker. Employing documentary and fieldwork approaches, Murakawa’s practice traverses multiple fields from video/film to theatre and visual art. Born on the boundary between fiction and reality, his work not only questions current methods of artistic expression but also inquires in to what ‘reality’ really is in the real world. His work Zeitgeber (2011-), which recreated onstage the relationship between a caregiver and the cared for, has been performed internationally in Germany and Singapore among other countries. Recent works include Independent Living (2017), Moonlight (2018), Pamilya (2020), The Incident (2021) and Playing Work and working (2022-). In 2016, he visited Shanghai and Beijing as an East Asian Cultural Exchange Envoy for the Agency for Cultural Affairs. His recent work The Incident won a special prize at the 21st Aichi Arts Foundation Drama Award.

2024.4.3
東京造形大学 映画・映像専攻領域 非常勤教員に着任
2024.2.20
テアトロ2024年2月号 「高橋宏幸 今月選んだベストスリー」に『仕事と働くことを演じる2』掲載
2024.2.13
さいたま国際芸術祭2023 参加作品『仕事と働くことを演じる2』劇評 (執筆:伊藤 寧美)
2024.2.13
さいたま国際芸術祭2023 参加作品『仕事と働くことを演じる2』劇評 (執筆:兼桝 綾)